ペットボトルの緑茶は濃い目を選ぶ。カテキンいっぱい。

印鑑の素材について

印鑑の習慣は日本独自のもので欧米にはありません。しかし、日本ブームと言うこともあり印鑑やはんこといった文化も知られるようになっています。日本でのはんこは契約書や各種登録書類などに必要な場面が多く、そういった場合は実印や認め印などと呼ばれて、印鑑証明証の添付とともにはんこそのものを指定されることがあります。よくシャチハタタイプのはんこが実印や認め印で使用できない場合がありますが、多くの人はこのタイプのはんこは個人が特定できなく全く同じタイプのものが大量生産されているからだと考える人もいると思います。確かにそういった側面もありますが、その理由以外にもその素材のやわらかさというのも部分が問題になることもありあます。通常スタンプタイプのはんこはゴム状の素材でできていることが多く、特に力を入れなければ全くきれいに同じ形ではんこの型が紙に写し出されます。しかしゴム状のものだと変形する可能性があるということで、固定した形状を写し出すはんことして機能しないこともあるという理由から実印や認印として使用できないことになっているようです。高級な素材だから実印だとかいうこともないですが素材がゴム製やスポンジ製などやわらかいものは使えないことがあるので注意が必要です。ちゃんとした実印を作るにはそれなりの素材を選ぶべきですし、男 実印と女 実印など持つ人に合わせて素材だけでなく、サイズや書体も決めるべきです。

脱毛サロンとか恥ずかしくて行けないよう

毛深い悩みは子供の頃からずーっと変わらない。毛深いというだけで人前にでるのも億劫だし、何かやろうとしても積極的に動けない人生を送ってきた。でもこのままじゃいけないよねってことは分かってる。何か変えなきゃ今の自分の殻から抜け出せない。

こんな感じで最近、自分を変えようと思っているのだけれどやはり毛深いことが頭のどこかで引っかかって前に進めないでいた。そんなある日、もしかして今やるべきことはこの毛深いムダ毛たちをなんとかすることじゃないのかと思いついた。

思い立ったら吉日じゃないけど早速何か良い方法はないかと考えていたがどう考えても行き着くところは同じ。そう、脱毛。長年私に嫌な気分を味わい続けさせたこのムダ毛たちとお別れするのだ!そうすれば新しい境地に行けるに違いない。

とは考えたものの脱毛ってどうすりゃいいの?今まで脱毛なんて考えたことなかったから0からスタート。みんなはどうしているのか?どうも脱毛サロンとかに行って処理するらしい。そうかそうか。脱毛サロンか。

ちょ、ちょっと待ったー!
脱毛サロンに行くということはこの毛たちを知らない誰かに見せるってことだよね?まあ当然そうなのですが、これが私にはちょっと無理な感じ。誰かに見せるとか無理です。脱毛は恥ずかしいって思うのはそれだけ私が重傷ってことでしょうか?

では他に方法はないのか?ありました。家庭用脱毛というものが。
これなら誰にも見られることもなく、部屋にこもってコッソリ脱毛ができるというものです。こんな便利なものが世の中にあったとは!もっと早くに知るべきだったとかなり後悔。

脱毛 恥ずかしいこんなサイトもあるんですね。

商品名を間違えてしまった

 今日はお昼のお弁当を支度できなかったから駅でパンを買った。以前は自分の出勤時間にパンコーナーも開いていたが、なぜか最近はシャッターが開いていないことが多い。 焼きたてのパンもあり、パンコーナーの方がいいのだが、開いていなければ仕方がない。 今日も開いてなかったので、売店のサンドイッチを買ってレジに並んでいたらパンコーナーの後ろで開店準備をしていた。 ちょっとの時間差だと思うのだが、ぐずぐずしていると電車が行ってしまうので待っているわけにもいかない。 自分の前に待っていた人がいつも自分が買うパンを準備中のパンコーナーから出してもらっていたため、自分も出してもらおうと思って「シュガーフランスください」と言ったが店員は反応してくれない。困ったなと思ったら、しばらくしてから「練乳フランスですか」と聞かれた。 レジを若干ながら止めてしまったこともあり、顔から火が出る思いをした。他の店と間違えてしまった。 商品名は店によって違うのである。